奴隷「級」消滅

先週の集会で今回の怒涛の解釈変更のお勉強会が終わり、あるオバチャンの感想。

「難しくてよく分からないケド、これだけどんどん新しい理解が与えられるなんて、奴隷級には本当に聖霊が注がれているのね~♪」

・・本音を隠し、難解かつ高尚に見せかけるためにあえて複雑に、分かりにくく書くものみの塔の手法にがっちりハマってますがな。

でもオバサン、もう奴隷「級」って言わないらしいぜ。たった8人なので。(心の声)

でもウケたのが、最後の歌の歌詞が「しりょぶかい~どれい~きゅうは~♪」・・もうなにがなんだかよく分かりません。

これまで犬のように何年も何十年も「奴隷の見解は~」「奴隷の指示は~」と聖書よりも過去の出版物や協会の手紙を漁っていた連中はこれからなんて言うんでしょうか。「奴隷は~」じゃ呼び捨てみたいでなんか違和感があるし、「統治体は~」に落ち着くんでしょうか。「奴隷級」というと一応、なんか聖書解釈っぽい抽象的な響きがありましたが、「統治体は~」だともう完全に具体的な8人の人間を指し、直截すぎて生々しい気もします。

今回の解釈で、統治体のメンバーは1世紀の12使徒と同等どころか、イエスの言葉を解釈する権限と信者からの揺るぎない忠誠と忠節な支持、という彼らを超えるステータスを手に入れました。

もう一つ大きな変化は、今まで形式的とはいえ、「奴隷級」は天への召しを受けた人全員、ということになっていましたのでその選びは教義上、神によるものでした。統治体でさえ、人を天に召す権威には(まだ)さすがに手をつけていません。しかし統治体オンリーになってしまった時点で、「奴隷」の補充メンバーは自分たちで決められることになります。

1世紀の12使徒はイエスにより直接指名されました。そのイエスでさえ、彼らを指名する前の晩は夜通し祈りました。ユダ・イスカリオテの後任は神慮によって選ばれなければならない、と誰もが理解していたためと思われますが、最後はくじでマッテヤが選ばれ、それ以降12使徒が死んでもその補充が人間の推薦によって選ばれた記録はありません。イエスによって直接指名され、霊感を受けた聖書そのものを書くことを許された使徒たちさえ、自分たちで補充を決めていいとは考えていなかったはずです。

ローカル会衆の長老も一応、人間の推薦を経て「聖霊によって任命される」ことになっていますが、いまやすべての信者の上に立つ数人の指導者やその後任が前任者によって選ばれ、それを「イエス様のご指名デアル」とのたまう組織・・教義上においても人間の組織と化してしまったのでしょうか。

「もう自分は天に召されたなんて勘違いしてパン食べたところで『奴隷』にはなれませんよ」

歯止めがかからないパンを食べる人間を今後少しでも減らし、さらにすでにパンを食べ始めた人間を「奴隷」から外すというあえて反発を買うような解釈を打ち出し、『平信徒のくせに油そそがれたなどとぬかす背教しかかってる人』にはもう出て行ってもらいたい、くらいの強気な姿勢が伺えます。

「1914年にハルマゲドン」が外れて初代ラッセルが死に、ラザフォードは彼を専制だと非難する理事を追放するという挑発的な行動を取り、反発する分子を一斉に排除した。

「1914年から1世代でハルマゲドン」が外れて「1914年世代」の統治体メンバーも死に、世代交代した統治体はラザフォードのような専制を取り始めています。

1914年からいよいよ100年が経過する2014年以降の数年間、再び同じような状況が生じるのではないか。「奇妙で異例な指示」による大粛清はあるのか。もう少し様子を見ようと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

現役jwです。「ふれ告げる人々」の本の29-31ページと7月15日号に書かれている内容を比較するとなんだか悲しくなります。

この20年間に何があったのだろう?と思います。

わたしがこのコメント欄に感想を書き込んでもうまく内容をまとめられないと思います。

ブログ主さん、また気が向いたときにでも記事にしていただけると、このブログをみている現役の信者の方には、冷静に現実を見つめる助けになると思います。(勝手言ってすみません)

いつも楽しく読ませていただいております。
先週の日曜日でやっと悪夢のような7/15記事が終わりさぁ仕切り直し…と思ったら今度は「エホバご自身に向かって激怒してはならない」の記事。

あぁ…悪夢ふたたび。

雑草が強すぎます。たすけてーー。

Re: タイトルなし

「事実から言えば、すべての油そそがれた信者が霊的食物を供給してきた訳ではなく、彼らは本部の指示に忠実である」

「霊的食物を供給してきたのは1919年からイエスに任命されている世界本部の少数の信者で、ここ数十年は統治体のこと」

・・自分たち以外に「食物」を供給しようとすると「本部に不忠実」と排除してきただけの話なんですけどね。その事実(=自分たちの行動)が「聖書解釈」の根拠で、イエス様が自分たちの思いついたアイデア=型に従っている証拠だ、という・・

いやー、まさに悪夢というか、すごい連載でしたね。

事実からすると・・・。

事実からすると・・・。

今は実際に統治体はほとんど記事の執筆には携わっていませんよね。
実際に記事を書いているのは、いわゆるネティニム級とされるほかの羊に属する人たちのようです。

統治体はそれを読んで承認するだけ・・・。

事実からすると・・・・。 いったい誰が「奴隷」なのでしょうか?

この事実を知っているブルックリンの兄弟たちがこの記事を見てなにも思わないのか、それが一番解せないところです。

Re: 事実からすると・・・。


前にもちょっと書きましたが、陽気でハッピーなおじいちゃんたちはお飾りで、「ものみの塔協会」という法人を牛耳る油かけられていない取り巻きが組織を統制しているという可能性・・

自分で「自分たちを忠節に支持しましょう」なんて、まともな精神の人間が書けることじゃないですしね。あくまで一つの可能性で、『組織』が信者を支配する構造に変わりはないとは思っています。

先々週の研究記事からすると、記事を書いている人はパンと魚を持ってた少年にあたるのかな~
そんでそれをイエスが増やして使徒たちの役割を果たす本部の少数の人がみんなに配る、みたいな

Re: タイトルなし

聖書中の出来事に「予言的意味」を持たせようとすればいろんなアイデアが出てきますよね。ものみの塔を書く人が思いついた時点でその「アイデア」=「とりあえずの真理」になるのでしょう。
プロフィール

GUABELLO

Author:GUABELLO
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR