神は70億人を虐殺するか①

エホ証の答えは「Yes」である。

前の記事でもコメントいただきましたが、たとえ組織の間違いに気づいた後でさえその心身を酷く苛み続けるのは、愛の神がエホ証という一宗教団体以外の70億人を大虐殺するという、“ハルマゲドン”の恐怖です。

エホ証は自分たちの宣伝通りに終末が来なかったおかげで、さらに多くの人が「救われている」と信者を鼓舞する。確かに、エホ証の実情や被害がそれほど具現化していない新興国での増加のおかげで全体ではなんとか微増はしていますが、世界人口も増えています。エホ証は世界で毎年二十数万人洗礼を受けているようですが、何回か書いたようにその「ミチビキ方」は数字稼ぎの無責任なものが多く、また組織に不利な情報は絶対に事前に知らせないやり方で、後になって脱会する人数知れず。なにより世界人口は毎年1億3000万人増えているという統計すらある「終末が遅れるほど、エホ証の数は多少増えるかもしれませんが、神が殺さなければならない人間の数は1年ごとにエホ証純増数の1000倍くらい増える。

エホ証のみなさんには、一度冷静に考えてほしいと思います。日常の中で、スーパーで、公園で、駅前で、同じ職場で、周りにいる人たちのことを。その大部分は、いろんな苦労をしながらも、普通の人生にささやかな喜びを見いだし、また見いだそうとしている人たちです。

その人たちすべてが、「自分たちの布教を断った」という理由で神に虐殺されるのかと。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

はじめまして

現役の者です。
以前から同じことを私も考えていました。
論理的な考察をありがとうございます。

Re: はじめまして

自分も聖書をすべて正しく理解しているとはとても言い難いですが、エホ証の終末論には無理があると考えます。少なくとも自分だけが正しく、従わなければ殺される、と恐怖を煽るのはどうかと思います。

一応聖書を使って批評する、というスタンスで書いているので、批判するなら自分なりの捉え方も多少書こうと思い、何回かさらっとアップする予定です。一個人の感想程度にまた気軽に読んでください。
プロフィール

GUABELLO

Author:GUABELLO
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR