主はひとり

話を戻すと、ローカル会衆ごとに裁量権がある、のは悪くないです。

昔、少しだけ付き合いがあった別のキリスト者に、うろ覚えですが 「Church of Jesus Christ」 みたいなシンプルな名称の教派?の人がいました。

名称としては同じものを各地で使っていても、集会や布教の頻度・手法は完全に地元教会の裁量で、他の教会が決めたことには口を出さない、という了解があるそうです。

地元ルールも最低限のことのみ、全会一致で決まったことだけを会則とし、それ以外は同じ教会員同士でも裁かない、口を出さない、というシステムらしい。

そういうやり方に戻ればいいのにね。

今ではスラックスのタイトさ加減までトウチタイの好みで裁かれる。

使徒15章の臨時エルサレム会議のみにこだわるが、ユダヤ教への改宗を経由しない非ユダヤ人クリスチャンには割礼義務を課さない、というシリア教会側の方針に、エルサレム教会は「口を挟みませんよ」(ユダヤ人教会側は実践を続ける)という合意がなされただけです。


「汝らの主は一人、キリストにして、汝らはみな兄弟なり」


キリスト教権威の支配に幻滅した、当時の聖書研究者にグッときた言葉らしいです。中世に作られたKJVのエホバ表記にこだわってそれが真理だ、とはラッセルも主張していない。


汝らの主はただ一人、キリストのみ。


このキリスト教の原点に立ち返ろうとした、のはいいんですが。

現在のトウチタイ、シブ、ジュンカイ、ベテル、あれこれガッコウ、カイタク、などのトッケン乱発ヒエラルキー支配を見て 「組織は前進している、汝らはみな兄弟なり」 と今でも本気で言い張れる人間は、何を崇めているのだろう。
スポンサーサイト

聖書研究会

組織賛美本のお勉強会が始まっているようですが、も塔は当初、トップダウンで画一化されたプログロムではなく(今よりは)自由な聖書研究会を勧めていたらしい。


「各自が聖書と紙と鉛筆を持参し、用語索引などをできる限り活用しよう。論題を選び、その点を理解できるよう霊の導きを求めてから、読み、考え、聖句と聖句を比べよう。そうすれば必ずや真理に導かれるだろう」(大昔の聖書研究者時代のも塔)


手法としてはかなり特殊で限定的ですが、そこそこ自由な勉強会を勧めてはいます。

どこが限定的かというと、「論題」を先に決めてしまい、それと関係ありそうな語句を用語索引で調べ、その語句が使われている細切れ聖句をあちこちから引っ張り出して比較して、「統一した定義」を話し合いで決める、というやり方です。

聖書は辞書じゃないんだから、時代ごとに、著者ごとに書かれたあっちこっちの書簡から同じ語句らしきものを引っ張り出したころで、しかも旧約(ヘブル語)と新約(ギリシャ語)をまたいでも、それがすべて同じ定義で使われている、という保証はどこにもないし、逆に無理がありすぎる。


100年以上前の原理主義者の手法だから、仕方ないんですが。


JWはいまだに、WT解釈に合わせて都合よく使われる字引きのような感覚しか持ち合わせていないので、聖書をまとめて読むことに慣れていない。読んでも何も感じない、分からない。WT解釈とは違う視点や発想を持ってはいけない、という鍼灸のようなリミッターが脳に刺さっている。
プロフィール

GUABELLO

Author:GUABELLO
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR