スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神の名⑪

イエスはこのyhwh信仰を復興させようとしたのか・・と言えば、

新約を読み返しても、どうもそうは思えないんですよね。

WTはモーセは名前ではなく、その名(表記?)によって示される方について尋ねたと言う。

どうしてその解釈をイエスにできないんだろうか、と思ってしまいます。

弟子が「父をお示しください」と言っても、旧約をもっと読みなさい、個人研究が足りない、

ではなく、ただ「わたしを見たなら父を見た」と答えた。

何かの表記にこだわった様子もない。

新約写本すべて、その最古のものにもヘブライ子音字yhwhの直接転記は全く存在しない。

その劇的な変化(意見が割れていない事実)は何を意味するのか・・

ギリシャ語に近似して翻字された形跡も、議論された様子も皆無です。

ギリシャ語を話すユダヤ教徒用の70人訳(旧約)や古代ギリシャ語訳(旧約)の古い写本の一部に残っているだけで、それを根拠に新約にもあったはず、というのは洞察が嫌うただの憶測です。

「救い」を強調するキリスト教も御利益的という人もいますが、本来は違う気がします。

イエスは政治的解放だの、経済的繁栄だの、そういうのを一切否定して体一つで磔にされた。

ユダヤ人もローマ人も、救い主のくせに自分も救えないのか、と嘲った。

幾つかの奇跡は伝承として残っているがそれを見返りに教祖になろうとした訳でもなく、あらゆる宗教的束縛から解放する教えを残そうとしたのかもしれないが、その理想を掲げていたはずのWT協会が少し大きくなっただけでここまで信者を裁き、束縛することに必死になる姿は滑稽です。

「信じる」ことを行為に置き換えて、金銭や無給の奉公を要求するのは人が作った宗教です。
スポンサーサイト

神の名⑩

yhwhが仮にモーセ伝承に基づく古代ユダヤ人のオリジナル表記や、何かの外来語由来だとしても、特に不敬な考えでもないと思います。ただの表記なので。

彼ら固有の崇拝対象として書面に残す以上、何かの表記に特定する必要がありますが、神のアイデンティティー(何それ)が一つの言語の文字表記や発声に限定される、というのもおかしな話で。表記は定着しても、畏れゆえにそれを神聖なものとして発声は避けたのかもしれません。

モーセ後のヨシュア以降の話には、それほど不明な部分はないようです。

割と分かりやすい歴史です。

エジプトからの解放後、彼らはyhwhと専属契約を結びます。

モーセの後継者ヨシュアはその名(yhwhは救い)のごとく、yhwhを「父祖をエジプトから救い出してくれた神」として示し、父祖がエジプトや川の向こうで崇拝していた神々ではなく、これからはこのyhwhだけを崇拝するようにと選択を迫るが、うまくいきません。

事の発端が「先祖を救い、土地を与えてくれた」ご利益的な神なので、自分たちの願いを叶えてくれない、助けてくれない、とみるやすぐに不満を募らせます。

何度もyhwhしか崇拝するなと言っても、他の神々も崇拝しちゃうおおらかさ?もルーツが多神的だからと考えるとごく自然です。万軍の神(軍神)のイメージが強く、平時にはカナン地域の主神だったバール崇拝も根強く続きます。

やがて国難はyhwhへの不信心とされ、軍事的危機になると救いの神yhwhにすがり、その勝利はyhwhのものとされるの繰り返しで、「えほばよね~」的なご利益信仰に似ています。

いつも最後の最後はyhwhが救ってくれる・・はずだったのに、さすがに国自体が消滅して他国の支配下に置かれると、民族意識や不信心への懺悔の思いが強くなるのか、派閥はありながらもかなり一つにまとまったユダヤ教として確立していく。

他の神にすぐ浮気する旧約時代とは別人?のようで、シリアの侵攻から神殿域を守ろうとするマカベア家の熱狂など、すさまじいものがあります。排他的一神教としてのユダヤ教が確立するにつれて、異教・異邦人に対する嫌悪、侮蔑、拒絶もエスカレートする。律法の解釈、適用、裁判を私物化する支配層と、律法を知らない呪われた被支配層の二極化も進む。


JW組織の進展も、キリスト教の不信心を非難し、独自の解釈による要求や手順、「yhwhが憎むもの」を禁ずる戒律を次々に加えていくあたり、ユダヤ教成立の過程に通じるものがあります。

独自の慣習は認めてやりたいが、こっちの言うことはまあ聞かないし、権利ばかりを主張する頑固で扱いにくい連中、という立ち位置もローマ時代と似ています。最後はブチ切れられてエルサレムごとあぼーんされます。偽りの宗教組織なるものが攻撃されるなら、WT協会なんて後回しどころか真っ先にやられそうですが、大方の信者はユダヤ熱心党のごとく組織と心中するんでしょう。

字句戒律の権威として聖書に立ち返れ、はユダヤ人のモーセ(律法)に立ち返れ、と同じで、はじめっから悪い動機ではなかったと思いますが、わずか?100年でパリサイ化しつつあります。

神の名⑨

「初めに神は天と地を創造した」・・yhwhが造ったとは書いていない

創世記2章でいきなりyhwhが出てくる

園の中を歩いている

古代ユダヤ人の始祖とされるアブラハムはカルデア人の都市ウルの出身

ウルはユーフラテス下流に位置する、月の神を崇拝するメソポタミアの中心都市

・彼のルーツは多神的だが、川を渡るとなぜかyhwhの名を呼び始める
 (ここまで名乗った形跡はない)

曾孫のヨセフはオンの祭司ポティフェラ(太陽神ラーに由来)の娘を妻にしている

モーセは神に会うが、ありのままに読めば名前を知らなかったか、どの神かを知らなかった

アブラハム、イサク、ヤコブの三族長にも名を知らせたことはない、と言う(あれ?)

ヨシュア以前にyhwhが含まれる人名が極端に少ない、というかいない?
 (ヨセフとモーセの母ヨケベデをyhwh由来とするWT説?があるくらいか)

そのヨシュアは、父祖がエジプトや川の向こうで崇拝していた神々を捨てるように言った
 (エジプトやユーフラテス川向こうのメソポタミアの神々)


メソポタミアやエジプトに比べて、創世記や出エジプトは比較対照できる資料がないのでそれこそ証明も反証もしようがない。複数の伝承資料を組み合わせて後代に編纂された、というのが学問的な定説のようですが、WTは複数資料由来説はもちろん否定する。

そういう議論は専門家の方にお任せしますが、それほど批判的にでもなく、普通に読んでもモーセ五書には謎の(一貫していない)点は多い。創世記1章に「えほば」が出てこない、モーセが名前を尋ねている、あたりは覚醒前からの素朴な疑問でしたね。


前記事で書いたようにyhwhの由来には諸説ありますが、名乗った相手はモーセが初めて(名乗った?のかも分からないが)、その伝承「 エヒイェ= 我在り = am 」がまずあったという見方は、この記事で大まかに上げた旧約の内容からしても今のところ自分にはしっくりきます。

ヤハウェとエヒイェの関係はハーヤーつながりで語形が似ているというだけでよく分かりませんし、全く関係がない外来語だという見方もあります。

いずれの由来にしても、多神的なエローヒームが旧約ではいろんな神々や人間にも使われるのに対し、モーセ伝承を礎として諸部族のルーツをひとつにまとめるべく、ユダヤ人固有の崇拝対象としてのyhwhが定着し、モーセに現れた彼らの神だけを示す固有の表記として使われるようになった、という可能性です。

神の名⑧

モーセに語った言葉「エヒェ アシェル エヒェ」は、英語にすると「am who am」に近いです(ハーヤー:「ある」の1人称)。ハーヤーには静的自存だけでなく動的生成も含まれるらしく、さらに未完了形(単純未来とは違う)であることから「I will be what I will be」的なニュアンスで訳す解釈もあり、日本語では「なるであろうものである」とか「なるものとなる」という感じです。

全能神にふさわしい(フィットする)意味を好むWTは、yhwhについてもハーワー(ハーヤーの関連語)の3人称使役態と関係付ける解釈=「彼はならせる」を採用しています。

でも前記事に書いたように、モーセに語った言葉そのものは1人称なので、過去も現在も未来も、存在でも生成でも同定でも、自分がいる、なる、~である、と言っているだけです。

自存を2回強調する「有って有る者」(口語訳)という訳や、自存と同定を組み合わせた「『わたしはある』という者だ」(共同訳)という訳もあります。


真理とは何か・・それもよく分かりませんが、「客観的に確認できる事実」に限定してしまうと、WTがよく言うように“意見が割れていないこと”です。

旧約の神名で意見が割れていないのは、大まかに分ければ以下の2点です。

真意はよく分からないが、モーセに「エヒェ アシェル エヒェ」と言った、と書いてある
(カタカナ表記はご容赦を)

それとの関係もよく分からないが、ヘブライ子音字yhwhが神名表記に使われている

その事実を超える解釈は、意見がまとまるどころか多様化しています。

仮にそれが神名だとすれば、人間がその深遠な宣言の意味を限定するとか、こうだと決めつけること自体がおこがましいのかもしれません。自分的には、どうにでもとれる謎めいたことばに、時間、空間、対象、概念(言語)・・何にもリミットされない超越性を感じます。



すべての人が割れることなく支持している宗教信条など、この世に存在しません。
(あたりまえすぎてわざわざ言うのも恥ずかしい)

事実はまだ少ししか存在しませんが、それぞれが信仰の真実を持っています。

科学的・学問的事実と宗教上の真理をごちゃまぜにするグループもあるようです。自分たちの信仰は科学的だとか、唯一の真理だから絶対に幸福になれるとか、そういう類の教えです。

そういう団体に限って、団体名をなるべく前面に出さない勧誘からスタートする、他宗教を尊重すると言いながら、やがてあなたの宗教には救いはないと脅して改宗を迫るようになる、いったんなってしまえば棄教や他宗教への再改宗に対する審問や懲罰を設定される、といった共通の特徴があります。

唯一明白の真理と言いながら、姑息な勧誘行為や執拗な信者離脱阻止に何でそんなに必死なの?言うほど自信がないの?という矛盾が面白い。

頭が悪い

大半のJW信者は「頭が悪い」と思わされている。

雑誌を読んでも、毎朝ごとに指定されるWT資料を読んでも、来る週も来る週も真面目に集会に行き、朝早く起きては丸一日分の大会の話を聞いても、何も残らない、覚えられない。次の日どころか、その日の内に忘れてしまうという人も多い。集会で注解するのも大変、割当もイヤだ。

「頭が悪い」からだとしきりに言う。なぜか。

WT教材は何かを理解させることが目的ではなく、特定の解釈を既成事実であるかのように印象操作することが目的だからだ。

特に最近の劣化は酷く、雑誌を読んでも何も残らないのはあたり前。漠然とした印象、感化を与えることが目的なので、大抵の記事は特定の点を理解してほしいとは思っていない。似たような内容で1時間分に水増ししている。批判者が批判目的で読む方がツッコミどころがありすぎて面白い。

特定の解釈を題材に、JW布教のモデル会話を作って発表するという「割当」も同じ。

信じているかは別として、内情をある程度知っていればJW解釈をJW思考で説明するモデル会話を作るのはそれほど難しくはない。たぶん信じていない批判者の方が簡単に作るだろう。

しかし誠実な信者は、自分なりに理解して、自分なりに納得できる話の進め方で作ろうとする。

そんなのできる訳がない。だから口癖のように「難しい、難しい」という。

JW思考を持たない普通の感性の持ち主に、JW解釈を筋道立てて説明するなど不可能だ。

「よく分かりませんね」とか「そうかもしれませんね」と言う相手しか想定できない。

JW解釈とはそういうものだ。

→ 初めの内は何だかよく分からない(けど、みんな人はよさそうだ)

→ そう言われればそうかもしれない

→ そう言われたらそういう気もする

と、段階的にクリアしていくことを前提としている。面白い真理です。

ここの解釈はおかしくないか?とは考えてはいけないので、自分の頭が悪い、となる。

いまだに「理解」できない自分、上手く「説明」できない自分、「覚え」が悪い自分・・

その釈然としないモヤモヤ感のすべては、自分の頭が悪いから、となる。

やがて頭が悪い、頭が悪い、と言っている内に、本当に頭が悪くなることも。

中学生の国語力くらいで分かる矛盾にさえ盲目になる。

それがWT印刷物の最終目的です。理解させることではなく、理解できなくさせること。

教化の終了で、あとはその状態の維持です。「おかしくないか?」と思う芽をつぶす作業。

頭が悪いんじゃなくて、本当に自分で考えることを妨害されているだけなのに。

神の名⑦

WTは去年、yhwhの理解を調整しました。

旧約のyhwhの語源や由来、それと関係があるとされる出エジプト3章14節の解釈は様々で、自分たちはこう解釈しているというのはいいんですが、それを唯一の真理とか言い切ってしまうのがアレですね。

『エホバという名は「なる」という意味のヘブライ語動詞ハーワーに由来する語で,実際には,「彼はならせる」という意味です』(JW洞察)

『「彼はならせる」という意味があると考えられています(調整後)


① 断定をやめました。

新世界訳改訂訳でも、「学者たちは様々な見方を持っている」ことを認めているので、さすがに言い切っちゃまずくないか?という良識なのか計算なのか、が働いたのでしょうか。

② その代わり、ならせる対象が「自分以外のすべても」に拡大されました。

でもモーセに語った言葉は1人称なので、過去でも現在でも未来でも、存在でも同定でも生成でも、自分がいる、なる、~である、と言っているだけです。

③ それで出エジプト3章14節はyhwhの限定的な意味を説明したにすぎない、となりました。

スゲーな。神か。


この一連の解釈を採用する理由としては、「これが万物の創造者また目的の実現者であるエホバの役割によくフィット(well fit)するから」だそうです。

最近は「自分たちはこのアイデアが好きだから」とか「自分たちの解釈にフィットするから」という理由がますます先行しています。せめて他の聖書訳ではこうなっているとか、その訳はこういう解釈に基づいているとか、そんな説明もほしいところですが・・する訳ないか。

2世離れ

現実的に見て、WT協会の先は長いと思います。

昔から寄付収入の主力は、協力的か無関心の夫を持つ主婦層です。

若者離れは深刻ですが、50~70代の主婦層信者は健在のようです。

夫が退職して年金収入になっても、その分、子供にお金がかからなくなります。

普通、退職した老後世代のお金の使い道の一つは、子供や孫にです。

しかしJWの場合、子供が離れると疎遠になるケースが多く、排斥なら絶縁です。

組織に留まる2世の多くも結婚相手がいないか、結婚しても子供を持ちません。

子供が離れると、自分にはもう「えほば」しかありません。

退職して夫婦で旅行、と言っても、無関心夫とは関係が冷め切っていることも。

信者夫婦でも「世界のめずらしい場所へのツアーを勧める旅行会社」はサタンの手先です。

おおっぴらに行けるのは、JW組織の広告塔と士気高揚の場になる国際大会のみです。

その大会に出席する協会直属幹部の旅費を一人あたまで負担するのは末端信者の特権です。

老後の趣味などなく、JW活動だけが生きがいになります。

生命保険の受取人にWT協会を指定することもできます。



それで2世離れは、短期的にはWT協会に収入的なダメージはさほどないと思われます。

パート2世が覚醒しても、多額の寄付をしていたという人も少ないでしょう(失礼!)。


50~70代の主力信者はネットを見ないか、仮に見ても取捨選択できる情報リテラシーがありません。その多くは、WT協会だけを絶対に信頼できる唯一の情報源としてすがったまま、唯一まことの神にすべてを捧げたと言い聞かせる人生を全うすることでしょう。

ただネット上の情報提供・発信は、間違いなく抑止上の効果はあると思いますが、長期的にはいずれ若者離れのツケが回ってくるとしても、高齢化が著しい日本でもまだ20~30年くらいの長い目で見た方がいいと思います。

その頃には現在増加中の途上国が経済発展して・・を見込む先行投資なのかもしれません。

偶像崇拝

前記事で少し書いた偶像崇拝の話ですが、JWのイメージする偶像崇拝では、物理的に形ある対象を使って祈る・拝む行為がすべてそれにあたる、その行為を無価値で愚かなもの、と考えます。でも新約ではユダヤ人の神もギリシャ人の神もなく、すべてを通し、すべての上におられる神は「一つ」とあります。

パウロはあなた方(ギリシャ人)が知らないで崇拝しているもの、それを伝えていると言った。

居住の限界を持たない神が、特定の神殿に住むとか(限定)手で作った何かの細工そのものだとか(限定)考えてはならない、と宣言しました(思いを正した)。

それでキリスト教では、何かの象徴を使って神に思いを向けるとしても、それ自体が神仏の類であるとはされていないようです・・が、それも旧約的に言えば偶像崇拝なのかもしれませんが、新約では微妙にニュアンスが異なるようです。

ユダヤ人もギリシャ人も、何かの神殿や細工に限定して崇拝される「自分たちだけの神」と言える時代はキリストによって終わったというのがパウロのメッセージだと思います。だからソロモンが定めのない時まで神が住まうと宣言した神殿に、相変わらぬ愛着と誇りを抱くユダヤ人は怒り狂った。ギリシャ人でも怒り狂ったのは偉大なる彼らの女神限定で商売していた細工人たちです。

彼らは叫びます。「偉大なのはエフェソス人の(オレたちの)“あるてみす”!」

冷静なエフェソスの役人も、パウロは別に彼らの女神を冒涜した訳ではないことを知っていた。実際、パウロは彼らをユダヤ教の一派にすぎないものに改宗させよう、ユダヤ人の神を信じさせよう、と説得していたのでもないようです。

愛着のある発声(聴覚)を使って祈る行為が悪いと言えないように、愛着のある象徴(視覚)を使って自分の神に思いを向けることも、悪いとは思わなくなりました。ただ、崇拝やその対象を特定の組織や教団経由に限定してしまうことの方に潜む、本質的な偶像崇拝には注意が必要です。それはユダヤ人や狂信的なエフェソス人のように「自分たちだけの偉大なる神」を高めようとする傾向(願望)、他はみんな偽りの神だと言い出す排他的な信条に表れます。

律法は神と隣人を愛することに集約される、とイエスも教えた。

偉大なるえほば限定で商売する宗教法人に支配される彼らには、“偶像崇拝”に限らず、そのえほばが忌み嫌っているらしいと法人が判断した行為すべてを拒否することが「神への愛」のようです。

ユニバーサルな自由と調和の可能性を示したシンプルな言葉が、束縛と分裂を生む。

人が死んだ時くらい、その人の神に祈ってあげたいものです。神は一つですから。

昨日のコメント

昨日のコメントですが、全体的に支離滅裂で削除したものかと思いましたが、
おそらく擁護系の方?からのコメントは久し振りだったので載せてみました。

>どのブログも、結局みんな自分を正当化して被害にあったことや、
>聖書の小難しい見解を書いてカッコつけるけど、

この組織と関わって受けた被害を訴えたり、ものみの塔協会と異なる聖書理解を発信したりする行為がお気に召さないようです。

>辞めたやつをみんなで徹底的に聖書に沿って滅ぼす勢いで何年たっても職場や色んな所で痛めつけようとやっきでこまります。

聖書に沿って滅ぼす勢い、のくだりがよく分かりません。ここは自分の方が彼らを擁護したいですが、排斥された人は何年でも何十年でも永遠に無視するくらいで、辞めた人を何年たっても職場や色んな所で痛めつけることはあまりしないと思います。

>ここはオカタイ真面目なブログを崩せないのはしかたない

このブログを崩すとはどういうことか、なぜ崩したいのかも不明です。

>ブログを読ませて頂いておりますことを感謝します。

このブログを含め、かなりのJW関連のブログを読んでいるようです。

意味不明な箇所が多く本当に経験者なのか、そして辞めた人なのかもよく分かりませんが、何かの理由でJW批判のブログが気に入らない方のようです。
プロフィール

GUABELLO

Author:GUABELLO
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。