違法布教

中国で捕まったキリスト教系団体の日本人信者がエホバの証人なのか、おそらくそうなのだろうが、自分には断言できる材料はないし、そこまで追求する気もない。

ただ、エホバの証人が中国に目的を偽って入国し、違法布教をしているのは事実。


中国ではれっきとした違法行為。犯罪です。

犯罪に重い軽いはあるが、いい悪いはない。

窃盗も、違法布教も、違法は違法。

自分たちの大義があれば、違法行為まで奨励する。

過激な宗教って、このことですね。


これがエホバの証人としても、それをJW.orgで公表し、信教の自由の侵害だと騒ぐことはしないだろう。

至上者エホバ様の命令に国境も国籍もないはずで、布教の自由が全世界で認められるべき普遍の正義なら、習近平に「外国人に布教の自由を認めろ」とお手紙テロをさせてもよさそうですが。

結局、WT上層部も「政治的な判断」というダブルスタンダードで動いているだけ。


外国人信者が中国で捕まっても、公表もされず、お仲間さんに祈ってももらえない。

ただの使い捨てだね。


どこの団体さんにしろ全員解放されたみたいで、それはよかったです。

戒律違反は即刻処刑の旧約エホバ様より、習近平の方が大人です。



もし中国政府が「西側の宗教」による布教活動を本気で取り締まり出せば、JW違法布教も厳しいだろうね。

ロシアでは法人解散。

13億を超えるインドでもわずかなクリスチャン相手にちまちまやってるだけだろうし、人口増加を続けるイスラム圏は全くの論外。

これが、アメリカ発祥のアメリカ白人が作ったキリスト教原理主義団体の限界ですかね。


これでハルマゲするなら、「彼らのイエス様」はこの100年、何がしたかったんだろうか。
スポンサーサイト

悪魔の証人

中野っちさんブログで今年の大会ファイナル動画がリークされていた。

奴隷信者相手には、恒例の「今年が最後の大会か」の煽り効果はあるんでしょう。

醒めかかってる信者さんは逆に引くんじゃないかと思うんですが、それも計算なのか、大した寄付も布教もしてないと思われる「生ぬるい」信者はどうでもよく、もう何があろうとも絶対についてくるコア信者を煽って絞るだけ絞りとろうとする、統一教会路線でゆくんでしょうか。


それはもうどうでもいいんですが、こういう動画を醒めてから見るたびに思う。

結局、ハルマゲで救われたいだけ、死にたくないだけ。

ほんとうに今さらだが、これだけの宗教だったのかと。

この宗教から「信者だけが救われるハルマゲ」をとったら何も残らない。

哀れな宗教だ。


ほんとうはやりたくもないほうし

やりたくもないわりあて

いきたくもないしゅうかい

なかよくしたくもないしまい

したがいたくもないちょうろう


じゃあ ほんとうにしたかったことは?


ほんとうはやりたかったぶかつ

いきたかったがっこう

やってみたかったしごと

すみたかったいえ

いきたかったりょこう


すべて ぎせい にするんだよね しなないために


『皮のためには皮をもってしますので、は自分の魂のためなら、持っているすべてのものを与えます』


悪魔さん あなたは正しかったよ

ほろび で脅せば ひとは持っているすべてのものを捧げてくれる

エホバの証人という宗教が見事に証明してくれた 


『自分の魂を救おうと思うものは、それを失うのです』


そしき に魂を売り渡して失った操り人形の 悪魔の証人たち

対処しにくいJW

しかし、このことを知っておきなさい。すなわち、終わりの日には、対処しにくいJWのようなカルト宗教が現れます。

というのは、彼らは

(エホバの証人である) 自分 (や自分の組織だけ) を愛する者

(信者からの寄付金や不動産転売益などの) 金を愛する者

(大した根拠もないのに唯一の真理を持っていると) うぬぼれる者

(終末予言を外してばかりのくせに新たな光だと言い張る) ごう慢な者

(他宗教はすべてサタンの偽りだと他人の信仰を) 冒とくする者

(非信者の親にせめて大学を出てまともな仕事についてくれと頼みこまれても) 親に不従順な者

(非信者から受けた親切やこの世でしっかり受ける恩恵を集会や大会で語ることを一切しない) 感謝しない者

(家族や友人関係を宗教のために平気で切り捨てる) 忠節でない者

(排斥された家族からの電話にも出るなと教える組織に何の疑問もわかない) 自然の情愛を持たない者

(家庭や人間関係をめちゃくちゃにする独自戒律のおかしさをどう指摘されても) 容易に合意にしない者

(「世の人」はみんな病人なので感染しないよう注意しましょうと教える) 中傷する者

(二人の証人ルールで守ってもらえるから誰も見てない所で悪さしまくりの) 自制心のない者

(平信者の見てない所で僕に暴言を吐く長老、長老に暴言を吐く巡回監督などの) 粗暴な者

(性犯罪者を組織のメンツのために匿い警察沙汰にはしない) 善良さを愛さない者

(友だちかと思っていたら裏でこっそり長老や巡回にチクる) 裏切る者

(児童虐待裁判のニュースを聞いてもエホバを待つとしか言えない) 片意地な者

(教理も組織も破たんしている敗戦直前なのに大本営発表で我らこそは最高の組織だと) 誇りのために思い上がる者

(信者からの貢ぎ物やカネで身に着ける金品や旅行や接待が大好きな) 神を愛するより快楽を愛する者

(形だけ家から家に回っているアピールで牛歩でくっちゃべるか、人目につくことを好むパリサイ人のように「市の立つ広場」でつったって「時間を入れる」だけの) 敬虔な専心という形を取りながらその力において実質のない者

となるからです。

こうした人々からは離れなさい。

組織の擁護

相撲協会の次は、レスリング協会ですか。

同じ「協会」でも、ものみの塔協会の隠蔽や忌避など、キリスト教圏ならともかく、ここ日本ではもう衰退するだけの、ただのマイナーカルト新興宗教が良くも悪くも世間で話題になることすらなく。

レスリングのパワハラ真偽は当事者でないので分かりません。

ただ気になった記事が一つ。

それは被告側を弁護する協会幹部の発言。

「他にも金メダルを取った愛弟子は何人もいるし、この〇年間、退部者は一人も出ていない、この実績が人間性を証明している。」


これには、は?でしたね。


いじめとは、気に入った人間は徹底的に可愛がることで、それ以外の少数者、大抵の場合はたった一人を陰湿にいじめるから成り立つんですよ。

この学校では〇年間も退学者は出ていない、だからこの生徒の自殺もいじめであるはずがない、と言っているのと同じです。そこに直接の因果関係はない。

JWの使う論理と似ている。「協会」と名の付く組織側の人間は似た言い訳を使う。

ほとんどの信者は不当な扱いを受けたことなどなく、むしろこの組織に恩義を感じているはずだ。

そんなことはどうでもいい。ただの印象操作。

肝心なのは他の人間ではなく、そのたった一人の人間がどう扱われたかだ。

その事実を明らかにすればよいだけで、自分に従順な他の99人のお気に入りたちをどう可愛がっていたのかを知りたいのではない、それが聖書の教えでもあり、99匹を残してでも優先すべきことがあるんですよ。


例の告発には本人は関わっていないようなので内部抗争の要素もあるのかもしれないが、この幹部の擁護発言には、「それで何人死んだんだ」のヤジや、「2~3人の犠牲はかわいそうと思わなくもないけどね」のトウチタイ発言と同じで、組織側の人間の発言なんだな~とつくづく思う。


も協会が特別に悪いこともない、組織側の人間が「失われる一匹の羊」よりも、組織の保身を第一に考えて「組織を擁護する」のはごく当然で、世の中にいくらでも存在する「協会」の一つにすぎないだけの話。

自殺をなくす

「このキャンペーンは人々の注目を集めました。州の保健当局では、地域の人々を助けるために努力したエホバの証人を表彰しました。地元の新聞は、『自殺をなくすための活動』という見出しでこのキャンペーンを取り上げました。」


英語圏のメディアで児童虐待が報道されるとメディアは信頼ならん!と言うが、そのサタンの手先らしいメディアに媚びて載せてもらおうと、会衆信者にメディア関係者がいないかどうかこっそり調査するとか、相変わらずのダブルスタンダードで頑張っているみたいですね。

刑務所布教が許可される国で頑張ったのかもしれないが、相手にしてくれたのはメキシコのタバスコ州という、聞いたこともない州の地方新聞だけだったご様子。お疲れさまでした。


自殺をなくすキャンペーン?

自教団以外の裁きや、棄教者への忌避を教えて回る宗教が、よくほざくよね。


この偽善宗教の狂信毒親を持ったばかりに、子どもらしいまっとうな学校生活を送ることも許されず、かといって親の宗教に逆らえば恐ろしいハルマゲドンで殺される、ならいっそのことと「エホバごめんなさい」と叫びながら命を絶ったあの子の魂は、誰が贖うのだろうか。

キリストによって贖われているのかどうかは知らないが、この宗教の無責任オモシロ解釈や、空しい自賛だらけの大本営発表(それすらもうショボい笑)によって贖われることは決してない。


「それで何人死んだんだ」 というヤジが、組織信者からは聞こえてきそうですが。


リアル体罰による虐待暴力は昔に比べて減ってはいるのだろうが、「ハルマゲドンを生き残れないのよん」という脅迫観念は、今も彼らの布教や子育て心理に根強くあるのは間違いない。

皮肉にも、もう統治体の2世代解釈とか、エホバの証人だけが救われるとか、そんなバカげたことを本気で信じていない半覚醒信者の方が、子どもを物分かりよく育てる時代になっていくのだろう。
プロフィール

GUABELLO

Author:GUABELLO
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR