神の経路

買い物途中に、ふと見かけた教会に入ってみた。

礼拝の時間ではないが、自由に見て行っていいとのこと。

数人がロビーで談笑している。多国籍でインターナショナルな雰囲気です。

礼拝堂?に入ると、演壇には小さくて控えめな十字架が一つだけ置いてある。

暗がりの中で、その片隅に一人の女性が座っている。

おそらく、彼女にとっての祈りの場所なのだろう。

入ってきて話しかける人はいない。

これがWT会館だと「シマイどうしたの~?(実はそれほどの関心はなくて、関心を示しているかのような自分が大事)」とか、ここぞとばかりにチョウロウが「どうされましたか~シマイ(同上)」とマニュアル通りに話しかけてくるだろう。

息子の自殺・・(絶対神の裁きやら悪魔の餌食やら、罪悪感という刃を自分に向かせるWT原理解釈に心を病み、自殺を図る2世も現実に見てきたが)を思い出すと辛くて・・というWT親に対して、わざとらしく肩にタッチして二言目には、「ではJWリサーチガイドを使ってハゲミニナル情報を探してミマショウ」 という実演には笑ったが。


WT教理では「キョウダイシマイの声かけ」「チョウロウの励まし」「WTやJW.orgの文字情報」などの、人や文字情報の媒介が、エホバ様が信者たちに語りかけるメインの手段、祈りの応えとされる。ハンナの祈りや、イエスが教えたような、媒介を通さない個の祈りを強調すると、組織神オリジナルの御利益が分かりにくくなってしまう。


教会によってそれぞれだろうが、そこは「祈りの場所」として開放されているようだった。

キリストのみを道(経路)として神と静かに語らう場所。

何人かで「交わっている」人たちもいるが、特に話しかけようとはしない。

祈りの邪魔をしたくないのだろう。

組織という媒介(経路)を前面に出すWTにはない感覚。

どんなに信仰の篤い人でも、たまには人にも相談したい、ハゲマサレたい、ハゲミニナルものを読みたい、というのはあるとは思いますが、その「経路」は限定しなくていいよね。

石にさえ叫ばせる神は、なるものになる存在らしいので。


帰り際、備え付けの封筒に寄付を入れて受付の人に手渡した。

なぜか、あの女性を見てふとそんな気になった。

まだキリスト教からは解かれていないようだ。
スポンサーサイト

2世代は異質

自分がブログを書くきっかけになったのは「1914年から2世代でハルマゲドン」解釈(2010年)でした。その1点が納得できないからと言って、いきなりJWの解釈すべてを否定するようになった訳でもありません。もともと?に感じていたことはありましたが、組織の教育通り、必要な情報は「時に応じて」明らかにされる、と自分をコントロールしていました(されていた?)。

覚醒してから、時間をかけてそれまでの疑問を再確認しました。ベレアの人々のように「そのとおりかどうか日ごとに聖書を調べる」ことにしたのです。何かが正しい、という前提で決めてかかることをやめ、聖書そのものとWT資料、そして必要に応じ他の資料を調査しました。

「1914から2世代」の話に戻します。

過去の予言の失敗は、すべて「1914年から1世代」の範ちゅうでした。1925も、第2次大戦前の期待も、1975もです。「1914年から1世代」の中で「早まって期待」しちゃった☆という言い訳も・・その時代にリアルに生きていた訳でもなく、まあしょうがないんでないの、程度の感覚でした。

『現代の神の僕たちも同様の誠実な意図を持ち,イエスが「世代」について言われた事柄から,1914年を起点として計算できる何らかの明確な時間的要素を引き出そうとしてきました。例えば,次のような推論が行なわれました。1世代は70年ないし80年の期間と考えられ,第一次世界大戦や他の出来事の意味を把握できる年齢の人々から成るので,終わりがどれほど近いかは大体計算できる,というわけです。そのような考え方は,いかに善意から出たものであったにせよ,イエスが続いて述べた忠告に調和していたでしょうか。イエスはこう語っておられます。「その日と時刻についてはだれも知りません・・」』(1997年ものみの塔)

かなりの失望と反発はあったでしょうが、「1914年に生きていた人」(1984年教材)が過ぎ去ってしまった以上、仕方がありません。神やキリストがどう、よりもとにかく「もうすぐハルマゲ→楽園」に依存する増加にしがみついても意味がありません。「世代」という語は時間的要素を示唆しない、というのはどうかと思いますが、いずれ起点である1914年も意味をなさなくなると予想するのは自然で、そう考えた人も多かったと思います。

・・しかし現指導部はこの解釈を真っ向から否定し、善意であろうとイエスの言葉とは調和しないゆえにもうやってはいけないことだと明言したやり方 = 1914年を起点として計算できる何らかの時間的要素を引き出そうとする(大体計算する)解釈に逆戻りしたのです。

間違うことは仕方ないです。この世代」=「1914年の世代」=「1914年に生きていた人」が過ぎ去ってしまったのですから、自分たちの解釈=1914年が間違いでした、イエスからのものではありませんでした、と言えばまだ救いはあったかもしれません。

「1914年から2世代」は根本的に異質です。それが真実ならイエスが1世紀にその言葉を語った時点でそのように意図したはずです。イエスが本当に1914年に来て「奴隷」を直に任命した?(1919年)ということは、自分の意図とは異質の解釈、ウソの解釈を奴隷に与え、「偽りの緊急感」を持たせ、宣伝させたと言っているのです。

そして90年経ってようやく“真の意図”を知らせる・・しかも前例を考えればこれが最後の真実である保証もない、それでもこの奴隷に逆らえばわたしに逆らうことになる、これがわたしの導き方だ・・ウソつきはだれですか。イエスですか。

この記事で引用した1997年のものみの塔と比較すれば、その記事を書いた人間が背教したか、背教的な思想を持つ勢力がものみの塔執筆において優勢になったか、としか考えられません。

個人的なこと⑤

話を戻します。

「天の王国はあらゆる魚を寄せ集める引き網」の、調整=否定される前の解釈です。

聖書を教える権威を持つととなえる多くの人々によって聖書の音信が曲げられることがあっても、聖書そのものの内容は損なわれずに保たれました。幾世紀にもわたり、ヒエロニムスやティンダルのような学者たちなど、勇敢に神の言葉の翻訳や頒布に当たった人たちがいます。多くの人が、聖書に、またまがい物とはいえ、ある種のキリスト教に接しました』

自分も↑の説明の通り、「聖書を教える権威を持つととなえる」エホ証統治体によって聖書の音信が曲げられることがあっても、彼らによって「聖書と、まがい物とはいえ(笑)、ある種のキリスト教」に接することになりました。

そしていつか、「クリスチャンであると主張する組織(エホ証含む)」という引き網がたぐり寄せられます。網がたくさんあって、その内の一つに入った魚だけが選ばれるのではなく、網は一つだけで、そこに入った魚は一匹づつより分けられる、というたとえです。

「裁きは神の家から始まる」と聖書に書いてあるように、これはキリストの再臨(1914年にはまだ起きていない)の直後に生じる、クリスチャンという引き網に入った一人一人(過去に死んだ人含む)が、「天の王国にふさわしい魚」かどうかの審判で、その後の短い期間に生じる、その時点でクリスチャンではない人に“ハルマゲドン”を通過する機会が与えられる裁きとは別だと考えます。

まとめ:エホ証も他のキリスト教と同じく人を聖書に引き寄せる網の一部に過ぎない、と気づいた今では、エホ証組織の幾つかの重大な間違いに目ざめたとしてもそこで知ったすべてが無駄だったという後悔はありませんし、聖書に接するきっかけとなったことにおいて一定の役割があったとさえ思えるようになりました。

今、冷静に考えるとあたりまえです。聖書は何十億冊も流布してきた本です。それに接する機会、解説する個人、団体、書籍など、無数にあります。「この組織の“お陰”で聖書を知ったはず。他にどこに行くのか」・・初めて見た存在をずっと親だと思い込むペンギンの赤ちゃんか(笑)。

個人的なこと④

エホ証が真実の神が用いる唯一の経路ではないと確信したとはいえ、自分が彼らを通して聖書とその神についてある程度を知ることになったのも事実です。

この「他にどこにいけばいいのか」という疑問がエホ証支配から抜けられない理由になる人もいるようですし、自分も「結局はこの『組織』で聖書を知ったのだから・・」と無理に言い聞かせようとしたこともありました。そんな時期に参考になったのが、イエスのたとえ話と、矛盾しているようですが、そのたとえについての「ものみの塔」の説明でした。当時はまだ、聖書のある部分について純粋でより深い理解を得させてくれる記事が、たまに(笑)ありました。しかし元統治体レイ・フランズも執筆のために客観的な調査を行ったことが、逆にエホ証解釈の矛盾に気づくきっかけにもなりました。その教訓もあってか、最近の記事はひたすら「組織賛美」「do’s and don’ts」ものばかりです。「聖書的」な記事を書かせると執筆者クラスですら背教しかねないので。

・・また話はそれましたが、そのたとえ話はこれです。

「天の王国は、海に下ろされてあらゆる種類の魚を寄せ集める引き網のようです」

そしてこのたとえの説明はこうでした。

『イエスは、天の王国をあらゆる種類の魚を寄せ集める引き網に例えられます。魚をより分けるさい、ふさわしくない魚は投げ捨てられますが、よい魚は取っておかれます。(中略)イエスご自身、人をすなどるこの事業を開始し、「人をすなどる者」となるよう最初の弟子たちを招かれます。最後に「引き網」をたぐり寄せる時が訪れますが、その引き網は、自分たちはクリスチャンであると主張する地上の組織を表わしています』

それでエホ証でさえ、自分たち以外のキリスト教にも役割があることはかつて認めていました。しかし、組織至上主義が暴走する近年、この解釈も「調整」されました。その調整も必然性や意図、何がなぜ、どう変わったのかを巧妙に隠したやり方でしたので、よく覚えていない信者もいると思います。今では、引き網はエホ証組織だけで、網から放り出されるふさわしくない魚はエホ証をやめる人間、という感じになっています。

エホ証の一番の“お得意様”は他のキリスト教徒です。キリスト教がまさに「からしの種粒」のように成長し、あらゆる魚を寄せ集める引き網のように何十億もの信者を抱える世界最大級の宗教になったからこそ、その既存キリスト教に不満を持つ分子をちょっぴり改宗させただけで、エホ証もある程度の数になれたのです。なのに今では、「からしの種粒」も「引き網」も全部、「自分たちの増加」だけを予言したもの、と解釈を変える・・組織至上主義の暴走は止まりません。

かつては自分たちも審判を受ける存在の一部、と一応形式的には認めていましたが、今では、この組織だけが「唯一の引き網」であり、そこから出される人間は「ふさわしくない魚」ですからね。

調整とは聞こえはいいものの、以前の解釈を真っ向から否定することも含まれます。今回取り上げたのはまさにそのパターンです。統治体の強権化に伴い、記事執筆に採用される人のタイプ・考え方もかなり変わってきているのでしょう。でも前任者を明確に否定する言い方はできないので、お茶を濁すような複雑で遠回しな構成・物言いに終始します。それで最近の解釈変更の記事は特に分かりにくい、感じる信者が増えています。

前の解釈を書いた人からすれば背教的な解釈でも、今はそのファシズム的な解釈についていかない人間が、逆に背教者にされる・・彼らは誰の追随者なのでしょうか。ちょっと長くなったので続きは次回にします。

個人的なこと③

前回、ものみの塔記事の質の低下について書きましたが、自分もかろうじてとは言え現役なのであたり前ですが、かつてはものみの塔出版物に啓発されていた時期もありました。

エホ証なりたての頃、一昔前の出版物を読みあさりました。中でも衝撃を受けた覚えのある本の一つに1950年代発行の「宗教は人類の為に何を成したか」があります。冒頭から頭をハンマーで殴られたかのような衝撃があり、一気に読み通したと思います。

宗教というあたりまえに存在するものの、その本質について深く考えたことのなかったテーマについて考えさせられました。ものみの塔発行なので、当然一定の結論に導くようにできてはいるのですが、今のような押しつけがましい感じはそれほどなく、特に冒頭部分の宗教そのものを論じる部分では読み手の深い思考を刺激するような書き方でした。スゲー本だな、と感心したものです。

そのときの組織には、まだ真理を追究する姿勢のようなものが残っていて、巡回さんも今のような上意下達の支部出身天下り官僚監督ではなく、現場叩き上げの人が多かったように思います。真理を追究する過程、途上にある「解釈の調整」なら受け入れもしようと思っていました。

自分が?と思いだしたのは、信者から圧倒的な評価を得ていたカリスマ巡回・地域監督の中から、次々と降格され、中にはエホ証ですらなくなる人さえ出た時期です。

そんな時期に、元統治体レイモンド・フランズの「良心の危機」を読みました。本の内容でしか知りませんが、彼は聖書の真理そのものを探究することを愛していた人のように思います。実際、その姿勢と能力を評価されて統治体に抜擢されますが、不幸なことに信者統制のための「禁止事項」「義務要求」が次々に作り上げられていた時期でした。彼は組織拡大の裏で権力志向を強める統治体の支配体制が信者を不当に束縛し、苦しめているかを目の当たりにします。結果、背教の嫌疑をかけられ統治体をクビになるだけでなく、「排斥者と食事をした」というだけの口実で追放されます。

今では、陳情を反抗としかとらえない天下り官僚監督がかなりの割合を占め、イエスマンの権力長老が幅をきかせるモノ言えぬ空気の中、信者の悲痛な叫びが組織に届くことはなくなりました。組織から出される記事もしろしろばかり、解釈の調整と言えば、外れたタイムリミットを訂正し、外した人間の権力を強化するだけのものに成り下がりました。

心はもう完全に離れていますが、自分がある程度関わったこの「組織」がどこへ行くのか、もう少し様子を見ようと思う日々です。
プロフィール

GUABELLO

Author:GUABELLO
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR