忌避対象

信者統制強化の一環なのか、統治体は「エホバの証人ではなくなった人」と「エホバの証人をやめた人」という、とても分かりづらい2つのグループを定義づけたようです。


エホバの証人ではなくなった人・・集会や奉仕に来なくなった人(忌避せず)

エホバの証人をやめた人・・エホバの証人をやめる意思を言動で示す人(忌避対象)


集会や奉仕をやめる、だけではエホバの証人をやめるとの意思表示とはみなしてくれないようです。この巧妙な区別は「エホバの証人ではなくなった人」を忌避していない、と対外的に主張するダブルスタンダード以外に目的が見当たりません。

でも信者向けには、15分でも奉仕報告出すのをやめたら「終わりまで耐え忍ぶ」ことにはならない(救われない)と、組織の神が任命したモリスは公に明言した。つまり戒律違反者かどうかは彼ら(統治体)の神には関係ない、布教と集会やめたら戒律違反者もろともハルマゲドンで殺す神、ということです。

JW布教集会への参加も「神の命令」だ、当人の命もかかっている、というならそれを怠る者は「キリストの教えにとどまらない者」と解釈することも余裕ですよね、も塔さん。

集会奉仕をやめた人間もエホバ様に倣って忌避したらいいのに。


彼らが一律に弱さゆえの援助対象(それもどうかと思うが)なら、理由はどうあれ戒律違反を犯した人は援助対象ではないのかな。「弱さ」か「弱さでない(やめる意思あり)」か、表向きの言葉にするかどうかで忌避対象を決めよ、というのが聖書の教えらしい。

援助と言いながら、個々の人には全く関心がない。

彼らの援助とは、組織のルール通りに扱ってあげること。

排斥も愛ある援助で、年に1回、排斥者を訪問するルールもエホバ様の寛大な憐みです。

ルールがすべて、そのルールとやらも、いよいよ支離滅裂になってきた。


勝手に神を代弁して家族関係を弄ぶのはやめましょう。あらゆる家族が負うのは宗教団体の名称や評判ではなく、神ご自身の名です。その恐れはないのでしょうか。
スポンサーサイト

尋ねたい質問③

『エホバの証人は他の宗教を尊重していますか』

JW.orgの答え:わたしたちは聖書の勧めに従い、異なる宗教信条を持つ「あらゆる人」を敬います・・わたしたち自身、自分たちの活動が尊重されることを願っており、他のグループにも同じようにしたいと考えています。(マタイ7章12節)

はい、じゃあまた質問を変えますよ。

『エホバの証人になった後に考えが変わって、他の宗教、またはキリスト教の他の宗派に改宗した人は排斥されますか。またその人との関わりを避けるよう指導していますか』

棄教した後、家族・親族だろうが同居していなければ基本的に関わりを避け、さらに親が開拓者や役職付きだと家から追い出すよう要求する排斥制度。

だから辞める方が気を遣ってあげて穏やかな自然消滅を選ぶ人も多いのですが、仮に他教会に通い始めたりしてそれがバレると、本人不在で断絶扱いされます。ちなみに発表文やその後の扱いは排斥と同じです。キリストを求めて他教会に行こうが、卑劣な性犯罪者だろうが、理由は世間どころか会衆にも明かしません。疑うことを知らないハトのような信者がさわさわ動揺しちゃうので。

どこがどう他の宗教を尊重してるのか、よく分かりません。

そもそもJWになるときに他宗教から改宗した人も多いはず。寺の檀家を抜けるとか、冠婚葬祭でも空気お構いなしに宗教絡みの行為は一切拒否するとか。もう家から出ていけとか、親兄弟が危篤にでもならない限り連絡はしない、とか言われたらどう思います?

実際、そうされたJWもいるでしょう。では、マタイ7章12節を引用していますが、そうしてほしいと思っていたのですか。どんな宗教を信じるにしても、自分の宗教のみが正しいと思うべき、そうでなければ他を探すべき、だから何かの宗教からやめる人はそれ相応の覚悟をすべきって思ってるんですか?だったらJWに改宗する時、自ら関係を絶つべきでしょう。

でも本当はそうしてほしいとは思ってないですよね。理解してほしいと思ってますよね?

同じことを自分たちから他宗教に改宗する人にしている、という自覚はあるのでしょうか。

JWは、世界が皆、JWそのものになれば世界は平和になる、もうすぐ神がJWだけの世界にしてくれると思っています。でもそんなの、神を勝手に独裁者に仕立てあげる戯言と、そのプロパガンダに洗脳された人間の言葉にしか聞こえません。もしすべての人が他宗教・他信条へのスタンスにおいてJWのようになれば世界はどれほど不寛容で醜い場所になるか、想像に難くありません。暴力だけがいじめなんていつの時代の話ですか。

尋ねたい質問②

「エホバの証人だけが救われると信じていますか」

JW.orgの答え:いいえ。これからエホバの証人になる人もいますし、過去においてエホバの証人でなかった人も復活してチャンスを与えられるので、(現在の)エホバの証人だけが救われるなんて言っていません。裁くのはわたしたちでわな・・

はいはい、もういいです。質問を変えます。

「みなさんの仰るハルマゲドンの時点で、宗教的観点において、エホバの証人の洗礼を受けた人、または洗礼への途上にある人だけが救われる ⇒ 自分たちに勧誘されても他宗教・他宗派から改宗しようとしなかった人はすべて滅ぼされる、と教える団体なのですか」

WT出版物の答え↓

『その戦争(=ハルマゲドン)を生き残って神の新しい世で命を得るのは,この世が愚かなことと呼ぶもの,つまりエホバの栄光ある王国の良いたよりに従う人々だけです』(WT1992年)

さて、この主張をはっきり撤回はしていないものの、最近では微妙にニュアンスを和らげた表現も見られます。

『ハルマゲドンの時には,矯正できないほど邪悪な者たちだけが滅び,「大群衆」が生き残ります』

「だけ」の位置が微妙に変わりました。

それで人類数十億人の内、残念ながら(幸運ながら?)JWと接点が全くなかった(JWに矯正してもらう機会がなかった)人は滅ぼされない、と言う現役さんもいます。世の中に無数ある宗教・宗派・団体の中でもマイナーないち教団の人に勧誘される機会があったとかなかったとか、まーちっこい話だと思うのですが、神がそれを裁きの根拠にする、と本気で信じているようです。

それは別にいいんですが、接点がなければ滅ぼされない、とはっきり書いてしまうと「救いのためにできるだけ多くの人=接点がなかった人を探し、JW解釈を伝えよ」という号令が無意味になってしまいます。

だから~・・数千年の歴史がある聖書を使って、「今この時に」クリスチャンが布教する主な理由をハルマゲドン云々と絡めることに無理があるんですって。そう信じて宣伝したいなら自由ですよ。だったら接点があるとかないとかどーでもいいから、ハルマゲ時点でワレワレJWに改宗する素振りを見せていない人はすべて滅びます!と潔く公言したらいかがですか。

WTが、微妙なさじ加減でニュアンスを柔らかめに変えているのは、作戦と思います。

対外的には、自分たちだけが救われるとは言っていない、他と同じ宗教の1つ、その自由は保障してね、彼らは他宗教を尊重している、自由であるはずの宗教を批判する方が狭量、国際常識だよ?という印象を与えて人を引き寄せ、取り込まれて信者になれば、自分たちだけが救われる唯一の宗教、救いのためにこの組織に導け、という構図を刷り込む教化を開始します。最近、ものみが一般用と信者用に分けられたのも神権的戦術でしょう。

言質をとられるような明らかな二枚舌は絶対に使いません。特にJW.orgの回答は緻密に計算されています。言質を与えずに、読んだ側がはっきり書いてない事を言って擁護してくれる、でも信者は唯一救われる宗教と強烈に思い込んで宣伝してくれる、こういう印象操作はお手の物でしょう。

「自分たちだけが正しいのか」という批判に対して、「みんな自分の宗教(だけ)が正しいと思うから入ってるんでしょ?じゃなきゃ他を探すでしょ?」とJW.orgで言ってますが、宗教を信じる人すべてが「正しいか間違いか」「救われるか裁かれるか」の乱暴な二極論であらゆる宗教団体をジャッジした結果ではないと思いますよ。

人の集まりで成り立つ宗教にも絶対はないと穏やかに考える人の方が多いのかもしれません。

尋ねたい質問

エホバの証人に尋ねたい質問①

「集会の出席や伝道の参加が救いの条件ですか」

JW.orgの答え:いいえ。救いは神の無償の賜物です。んなこと一言もいってません。

そうでしたね。ごめんなさい、質問を変えます。

「現時点でのエホバの証人のすべての集会に基本的に参加しないとバプテスマは受けられませんか」

JWもバプテスマ=洗礼が救いのための公の宣言であると認めています。ではその条件に、すべてのJW集会への基本的な出席が含まれていますか。

WT出版物の答え↓

『バプテスマを受ける用意ができているかどうか,どうすれば分かるでしょうか。一つの方法は,以下のように自問することです。『聖書の基本的な教えを説明できるか。親が出ていない時でも,奉仕に参加しているか。クリスチャンの集会すべてに出席しようとしているか』

『やがてわたしは,クリスチャンの集会に出席するのは単に証人たちがそうするよう求めているからではない,ということを認識しました。ヘブライ 10章24,25節によれば,それは神が求めておられることなのです。それで,すべての集会に出席し,仲間を本当に知るようになった後,エホバに献身したことの象徴としてバプテスマを受けました』


ヘブライ10章の断片的字句を引っ張り出して、エホバの証人のすべての集会に出席することを神が求めている根拠にするのはどうかと思いますが、こういう文面からだれでも分かります。その時点で統治体=人間が決めた集会すべてに出席することがバプテスマの条件です。

「組織」の本には一応、「道理にかなった範囲で」みたいな一文もあります。でもこれは、健康問題や家族の世話といった個人的状況に応じて時折出席できないことがある、程度に適用されるだけで、非信者家族との兼ね合いや仕事の都合でどれか一つの集会に基本的に出席できない、という人がそのまま洗礼を認められたケースを知りません。休日や平日の夜に家族を置き去りにしてでも、すべての集会に出席するよう要求され、家族の反対=サタンの妨害、と教えられるのです。

バプテスマ ⇒ 救いの宣言 ⇒ その条件 ⇒ すべての集会に出席 ・・でも集会の出席が救いの条件とは一言もいってない・・普通の感覚で言うと巧妙な二枚舌、と言われても仕方がないでしょう。

jw.orgの不誠実な回答⑤

今回の法人問題で今さらですが、自分なりに分かったことがあります。

「公式ページの不誠実な回答シリーズ」でも書きましたが、「エホバの証人に有給の聖職者はいますか」でも、ローカル会衆のヒラ長老のことしか書かれていません。つまり彼らが「エホバの証人は~」と言うとき、ものみの塔聖書冊子協会は完全スルーで、法人を取得しているかどうかに関係なく、各ローカル会衆に所属する個々の人間の集まりを指して言っているのではないか、ということです。「エホバの証人の○○会衆」というように、末端の会衆に法人格を取得させる場合はエホバの証人という名称を入れさせています。

一方、「ものみの塔聖書冊子協会」という法人が所有する施設には何百人もの専属の職員がいます。その名称が示すように表向きはただ「雑誌をスッてるだけの施設だよん」と思わせたいのかもしれませんが、上級職員は法人が所有する施設内だけでなく、「傘下にない」はずのローカル会衆の実質的な人事権を掌握し、そこから億単位の金を集め動かしています。しかし彼ら自身も近くのローカル会衆に所属し、そこではただのエホバの証人であり、ヒラ長老であり、ローカル会衆から報酬を受けている訳ではありません。

公式ページのよくある質問でも、「会衆では会計状況が定期的に知らされます♪」とトカゲのしっぽ切りでオープンさをアピールしてますが、これもたかだか数十万円程度の「エホバの証人のローカル会衆」の会計のことで、上場企業並みの資産を有する本家本元のものみの塔聖書冊子協会の会計状況は信者すら知りません。

組織は信者に対しては協会=支部・組織の権威と同一視させておいて、対外的にはそういう都合のいい使い分けをしているんだな、ということが今さら分かりました。

なんかスッキリはしました。同意では決してありませんが。
プロフィール

GUABELLO

Author:GUABELLO
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR