明石順三⑤

明石氏がついに組織に見切りをつけた理由の1つは大戦前後の組織本部の偽善です。

明石氏が兵役拒否による投獄中に経験した仕打ちは壮絶なものがあります。

『1939年8月に,明石順三だけが尾久警察署に移され,そこで7か月にわたり,特高警察の宗教部による取り調べを受けました。事実に反する「自白」をさせるために,暴行が加えられました。明石は連日連夜拷問を受け,監房では蚊やシラミや南京虫などの毒虫の同居に悩まされました。ける,何度も床の上に殴り倒す,別人のようになるまで顔面を殴るなどの暴行を受け,全身傷だらけになりました』


ところが当の本部はというと、敵がナチスだろうがなんだろうが中立のはずなのに、ドイツや同盟国の信者を生贄にして「後で美談にしてやるから死んでくれ」と言わんばかりにナチスを非難したのに、自分たちはアメリカの大星条旗が掲げられた会場で小ぎれいにスーツとネクタイで身を飾り、大会を開いていました。そのことについて明石氏はこう語っています。

『今次大戦中本会の指導下に神と主イエス・キリストの神命に忠実ならんとして,多くのクリスチャンは殺害,暴行,投獄,監禁その他のあらゆる迫害を蒙り候。然るに余の出獄後聞く処によれば,ブルックリン総本部部員にして大戦中に検挙投獄されたる者殆ど無しとの事にて候。これ果して何の意味を有するものに候や・・・総本部が今次大戦を通じ如何なる巧妙手段を以ってよく其の苦難を回避し得たるかはともかくとして,もし本会の自称する如く “本会は地上における神の組織制度なり”の主張が事実なりとせば,体の末端の大部分が敵側の手によってかくも莫大なる苦難を受けたるにかかわらず,中心たる総本部がほとんど無疵の状態においてこの大苦難時を無事に通過し得る理由は絶対に成立致さず候・・』

もう1つの理由は、会長がノアに代わったものの、彼もただの「組織人間」だったからでしょう。

強権を振るったラザフォードはようやく死にましたが、3代目ノアの関心は組織を拡大することだけでした。結局、ラッセルの聖書解釈をベースに、ラザフォードの「イスラエルの神エホバの組織」と「旧約的選民思想の復活」の組み合わせを足したものがエホ証の基本解釈として定着し、ノアは組織管理のマネジメント手腕はそれなりにあったのかもしれませんが、聖書の理解を探究することには関心がなかったか、探究するだけの思考力を持ち合わせていなかったようです。明石氏は、当時の組織や方針について「10年以上聖書真理の解明に進歩を認め得ず」「ワッチタワー協会員の獲得運動の奨励に過ぎず」と批評しています。さらにノアは会長就任直後の1943年には神学校ならぬ「ギレアデ学校」を開設し、これも明石氏は「聖書の示す所と完全に背反逆行せり」と批判しています。

明石氏はラザフォードがラッセルを否定し、独善的な選民思想を助長する解釈を前面に出した1926年以降も、20年以上聖書の教えを広めることに尽力し、大戦中は信仰ゆえに過酷な仕打ちも受けた。しかし組織は「偽善者」を演じ続けた、の一言で切り捨てる。

近年、世代交代した統治体も権力基盤固めに余念がなく、調整と言いつつ前任者の解釈を否定し、組織至上主義さらにそのトップに立つ統治体至上主義を加速させています。「奇妙で異例な指示でも従え」など、出版物のテイストも「随分違う内容」に変わってきています。最新の奴隷の解釈でも、ラッセルを除外しラザフォードを「初代奴隷」とするなど、会長権限を手にするや「ラッセル派」をことごとく追放してものみの塔の執筆をのっ取り専制を始めたラザフォードのやり方に忠実に倣っています。

しかし組織に忠実な信者の言い分は、今の組織に同意できなければすぐ辞めろ、偽善者だ、というものです。このブログに対してもそんな典型的なコメントをされてきた方がいます。

どんなに長年、布教や活動に尽くしてきた人でも、上から一方的に振りかざされる解釈や方針に同意できなければその瞬間から「サタンの手先・背教者・偽善者」呼ばわりするのが、彼らの言う神の組織を腐敗させている真の友の正体です。

そういう人たちこそ、だれの追随者になっているのか、考えてほしいと思います。

ラッセルが地的な組織を作らなかったのは、それが『僧職者による支配,宗教会議で作り出された信条に従うことを条件とする会員の地位』に結びつくからではなかったのですか。今のJW組織を見て、絶対にそうなってはいないと、だれが言えるのでしょうか。
スポンサーサイト

明石順三④

ラッセルとラザフォードのもう1つの違いは『他宗教への執拗な攻撃』です。

これも1番目の違いと関連していますが、この世のすべてを「エホバの組織」か「サタンの組織」に区別してしまった以上、その主張通り敵=サタンの組織は徹底的に、容赦なく攻撃しないとつじつまが合いません。そうすることで内部の士気高揚と一致も促進される・・一石二鳥です。

ラッセルは特定の宗派の指導者と魂の不滅などの教義でディベートしたことはありますが、問題にしていたのは教義であって、他宗派すべてをサタンの組織などと考えてはいませんでした。

エホ証は、“キリスト教”を過激に非難するラザフォードの「神の救い」が発行された頃から「キリスト教世界」という言葉を差別的に使用して他宗派を貶めるようになります。

やはりそれについていけない人もいました。

『ニコルソン(当時のオーストラリア支部の書記)は,聖書研究の新しい資料が偽りの宗教(=自分たち以外の宗教全部)を遠慮なく非難していることを公然と批判するようになりました。・・ニコルソンは一人の人物の追随者になってしまったようです』

ついていけなかった人は「ラッセルという個人の追随者だった」と切り捨てますが、じゃあ何のことはない、ついていった人は「ラザフォードの追随者」だったのでしょうか。

さてようやく本題に戻りますが、明石氏が「1926年」以降の出版物には同意していなかった、という理由は、主にこれまで考察したラッセルとラザフォードの思想の違いによるものだと思われます。

しかし彼はラザフォードの見解には同意していなかったにも関わらず、聖書研究者の他の基本的な信条を広めることに尽力しました。彼なりに「神を待った」のでしょうか。しかし第2次世界大戦を機に彼はついに組織に見切りをつけます。その理由も2つあると考えます。次回に続きます。

明石順三③

棄教した明石氏がものみの塔的に背教者なのは仕方がないとしても、偽善者呼ばわりされてもいます。

『刑務所から釈放されて2年もたたないうちに明石は,ものみの塔協会の会長に宛て一通の手紙を書きました。1947年8月25日付のその手紙の中で,明石は,1926年以降の協会の出版物の中で説明されている事がらには同意していなかった旨を述べています。1926年と言えば実際,明石が支部の監督として日本へ来る任命を受けた時よりも前です。したがって明石順三は,彼が自分の述べたところによると,20年以上にわたり偽善者を演じていたわけです』

明石氏が3代目会長ノアに送った公開質問状についてはすでに書きました。さらに彼は1926年以降、組織の出版物に同意していなかったと書いたようですが、「1926年」ってなんでしょうか。

自分が思い当たるのは、ラザフォードが「神の救い」を出版した年です。

『1926年5月の大会では,「神の救い」と題する書籍が発表されました。これは,「聖書研究」に代わる一連の新しい書籍の一つでした』

「聖書研究」は初代ラッセルをカリスマ牧師たらしめた著書です。ラザフォードを含む初期の聖書研究者はこの本を読んで信者になりました。しかし1926年にラザフォードは「神の救い」を出版し、これは「聖書研究」に代わるものだ、と宣言した。

ラッセルとラザフォードの違いは何でしょうか。その1つは『「神と人間の仲介者はただ一人、イエス・キリスト」のはずが、さらにイエスと人間の間に組織という仲介者を置いた』という点です。

ラッセルは組織の必要性を否定していました。

『ラッセル兄弟は自分たちが「地的な組織」を作ろうとしているのではないことを強調し,むしろ「『名が天に記されている』我々は,かの天的な組織だけを支持する」と述べました。キリスト教世界の汚れた歴史のため,“教会組織”と言うと,たいてい分派主義,僧職者による支配,宗教会議で作り出された信条に従うことを条件とする会員の地位などが連想されました』

やがてラッセルは聖書研究者の増加に伴い、「監督=長老」の必要性を認めるようになりますが、やはり組織だとうとすると上手くいきません。死ぬ直前の1916年にはこう書いています。

『教会の僕たちが支配者や独裁者になろうとしており,場合によっては,恐らく自分や特定の仲間たちが長老や執事に選出されるようにするため,集会の司会者の立場を占めてさえいる』

どっちのコメントも今のエホ証そのまんまです(笑)。

そこで2代目ラザフォードの取った手段は、敵を作ることで内部を一致させようとするものです。1925年発表の啓示12章の「女」=「神の組織」、「龍」=「サタンの組織」という解釈。

『対立する二つの異なった組織,つまりエホバの組織とサタンの組織があるということが初めて明確に説明されました』

だれもがエホバの組織とサタンの組織のいずれかに属しているということが非常に明確になりました』

しかし、このバイオレントな解釈についていけない人もいました。それは『大部分がラッセル兄弟の遺稿で成っていた「終了した秘義」に公表されていた事柄とは随分違う内容だったから』です。

このあたりから、すべての事象や人間を「エホバかサタンか」かに乱暴にカテゴライズするエホ証の2極思想が生まれました。今でも不満の矛先を外部に向ける信者支配に使われます。

「会衆を保護するために行動した長老ではなく、サタンに立ち向かいましょう♪」

「今は内輪もめをしている時ではありません。敵はサタンとその手先である背教者です♪」

それでこの思想に教化されたエホ証が背教的情報や最近の児童虐待問題などのエホ証に不利な報道に接する時に、まず感じるのは「敵意」です。それをサタンの敵意とみなし、自らもその攻撃に敵意を募らせる。「客観的に評価する」という理性は消し飛びます。

このように敵を作ることで内部を一致させる手法はどの時代も効果的で、ラザフォードもこの手法で組織をまとめあげることに成功しました。まさに神の祝福(笑)ですね。

ラッセルとラザフォードの違いはもう1つあります。次回にします。

明石順三②

前回の続き。明石順三の質問状について。

一,少なくとも過去十年間,聖書真理の解明に進歩の跡を認め得ず。

エホ証の聖書解釈はざっくり言うと、8-9割が創始者ラッセル、残りを2代目会長ラザフォード作り上げた。が、3代目会長ノアは組織を拡大するビジネス手腕は持っていたが、本当に聖書を研究していたのかと思えるくらい、彼の時代以降、新たな理解は見出されなくなった。「エホバの証人」という名称を採用するあたりから、彼らは聖書研究者であることをやめ、組織を拡大する業(活動)にのみ傾倒する権威主義的な組織を作り上げることにしか関心がないからだ。今でも場当たり的な解釈変更があるだけで、10年どころか60年以上何の進歩もない。

三,所謂「神の国」証言運動の督励方針は要するにワッチタワー協会の会員の獲得運動たるに過ぎず。

ノアの時代になって組織を拡大する活動ばかりが強調される傾向は強まる。「神の王国」の臣民を集めている、と大仰な主張をしてはいても、結局は「ものみの塔協会」という宗教法人の信者数を増やそうとしているだけ。明石はそのむなしさに気づいていた。

五,その自ら意識すると否とにかかわらず,種々の対人的規約や規則の作製は,せっかく主イエスによって真のクリスチャンに与えられたる自由を奪い,ワッチタワー総本部に対する盲従を彼らの上に強制するの結集を到来せしめつつあり。

聖書の理解においては何の進歩もない一方で、組織の統制・拡大のために要求、規則が付け加えらてきた。長老たちには聖書そのものよりも、ユダヤ人のミシュナのごとき過去の出版物(数十年分の「ものみの塔」「王国宣教」「組織」の本、長老の「教科書」)、また膨大な量に及ぶ「協会からの手紙」に精通し、その指示に服従することが要求される。

六,総本部はワッチタワー信徒に対して,この世との非妥協を教示しつつあるにもかかわらず,総本部自身の行動はこの世に対する妥協の実証歴然たるものあり。

別の記事でも書いたが、ラザフォードは執拗なまでにナチスを非難し、ドイツのエホ証を生贄にするかのごとく迫害を煽っておきながら、アメリカでは大星条旗がステージ正面に堂々と掲げられた会場で大会を開いていた。ドイツや日本では信者が厳しい迫害にさらされながら、戦勝国アメリカではそのような迫害はなかった。明石がエホバの証人が本当に「中立」なのか疑念を抱いたのも無理はない。

七,所謂「ギレアデ神学校」の建設は,聖書の示す所と絶対に背反逆行せり。

「神学校」や「僧職者階級」などの言葉で他のキリスト教を非難しながら、ノアの時代に創設された「ギレアデ聖書学校」に始まり、一部のエリートしか入れない学校を作り、その学校を出た者にステータスを与え、年間百数十億円もの寄付を使いその生活を保障している。言葉を変えているだけでやっていることは同じ。

明石順三①

明石順三と言えば、日本のものみの塔の前身、灯台社の代表としてその教えを日本で広め、また第2次世界大戦中に良心的兵役忌避で投獄されたことでも知られる。

戦後釈放されるもその後、棄教している。

日本のエホ証の歴史を語る上で明石順三は欠かすことはできないが、棄教しているのでエホ証刊行物にはほとんど言及がなく、「圧力を受けて背教した」くらいしか書かれていない。

その明石順三が棄教する前に、エホ証世界本部に送った質問状を見つけました。

一,少なくとも過去十年間,聖書真理の解明に進歩の跡を認め得ず。
二,現在に於ける所謂神権政府樹立と,その国民獲得運動の躍起主張は聖書的に一致せず。
三,所謂「神の国」証言運動の督励方針は要するにワッチタワー協会の会員の獲得運動たるに過
  ぎず。
四,総本部の指導方針は,忠良なるクリスチャンをして,聖書の明示する唯一標準を外れて安直な
  る自慰的位置に安住せしめつつあり。
五,その自ら意識すると否とにかかわらず,種々の対人的規約や規則の作製は,せっかく主イエ
  スによって真のクリスチャンに与えられたる自由を奪い,ワッチタワー総本部に対する盲従
  を彼らの上に強制するの結集を到来せしめつつあり。
六,総本部はワッチタワー信徒に対して,この世との非妥協を教示しつつあるにもかかわらず,
  総本部自身の行動はこの世に対する妥協の実証歴然たるものあり。
七,所謂「ギレアデ神学校」の建設は,聖書の示す所と絶対に背反逆行せり。

うーん、エホ証の非聖書的体質を見事に暴露している。すばらしい。

もちろん、これがエホ証印刷物に取り上げられるはずもなく、また本部からのまともな回答があるはずもなく、一方的に「背教者」としてのレッテルを貼られ明石氏が除名されたことは想像に難くない。

個々の質問についてのコメントはまた次回。
プロフィール

GUABELLO

Author:GUABELLO
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR